都内で nike acg 中綿 ナイロン 新しく着き ジャケット

nike acg 中綿 ナイロン ジャケット

9100円 nike acg 中綿 ナイロン ジャケット メンズ ジャケット アウター nike,メンズ , ジャケット , アウター,ジャケット,9100円,中綿,/legator28655.html,ktci.education,ナイロン,acg 都内で nike acg 中綿 ナイロン ジャケット nike,メンズ , ジャケット , アウター,ジャケット,9100円,中綿,/legator28655.html,ktci.education,ナイロン,acg 9100円 nike acg 中綿 ナイロン ジャケット メンズ ジャケット アウター 都内で nike acg 中綿 ナイロン ジャケット

9100円

nike acg 中綿 ナイロン ジャケット

商品の状態目立った傷や汚れなし
商品のサイズXL(LL)
配送料の負担送料込み(出品者負担)
配送の方法らくらくメルカリ便
発送元の地域未定
発送までの日数1~2日で発送





袖のacg ロゴ、肩のステッチ、肘のパッチ等シンプルながら洗練されたデザインです。 高機能素材、CLIMA-FIT(クライマフィット)が採用されています。 -以下詳細- NIKE(ナイキ)のCLIMA-FIT とは、 優れた耐風性・軽い雨を防ぐ耐水性がありながらも、 スムーズな透湿性(通気性)を備えた機能素材。 CLIMA-FIT素材 (耐水マイクロファイバーポリエステル)は、耐風性に優れるとともに、水深900mmの水圧にも対応する耐水性で軽い雨を防ぎます。 さらに水滴が侵入できないほど高密度に織り込まれたマイクロファイバーは、きわめて軽量で同時に高い透湿性 (通気性)を持っている為に、余分な体の熱と汗は外に逃がします。 全体的に多少の使用感はございますが、まだまだ着用していただけます。 カラー : ブラック サイズ : XL

nike acg 中綿 ナイロン ジャケット

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対応について

新型コロナウイルス
【重要・COVID-19】 弘前大学の新型コロナウィルス感染症(COVID-19)への対応についてはこちらからご確認ください(弘前大学ホームページへリンクしてます)[4月19日更新]
新型コロナウイルス
【重要・COVID-19】 弘前大学保健管理センターのホームページはこちらからご確認ください(保健管理センターホームページへリンクしてます)[4月28日更新]
2022.03.22  新型コロナウイルス
【重要・COVID-19】令和4年度弘前大学農学生命科学部新入生「保護者懇談会」の中止について
2022.03.22  新型コロナウイルス
【重要・COVID-19】弘前大学農学生命科学部後援会第24回総会の中止について
2021.09.24  新型コロナウイルス
学生アルバイト募集(学内アルバイト支援事業)※先着順につき受付終了
2021.09.24  新型コロナウイルス
学生アルバイト募集(学内アルバイト支援事業)※先着順につき受付終了

過去のお知らせ

TOPICS

2022.05.17  NEW教員公募
【動物分類学分野の助教を公募いたします】
2022.05.16  NEWトピックス
【5月17日】食料資源学科 前多隼人准教授がテレビ朝日系列「林修のレッスン!今でしょ」に出演します
2022.05.12  NEWニュース
【受賞報告】栗田大輔准教授(分子生命科学科)が第21回インテリジェント・コスモス奨励賞を受賞
2022.04.19  教員公募
【植物生態学分野の助教を公募いたします】
2022.04.06  トピックス
【掲載情報】WEBマガジン『HIROMAGA(ヒロマガ)』先生インタビュー(分子生命科学科 濱田茂樹准教授)
2022.03.22  ニュース
【プレスリリース】交尾をめぐる雌雄の対立がもたらしたメススジゲンゴロウにおける雄の吸盤とメスの毛の進化(生物学科 清川僚氏,池田紘士准教授)
2022.03.22  ニュース
【プレスリリース】林床植物は共生する菌類にも炭素源を依存しているのか?(白神自然環境研究センター 山岸 洋貴助教ら研究グループ)
2022.03.04  ニュース
【陸奥新報 令和4年2月23日(水)掲載記事】『津軽のリンゴ園に生息 食害のハタネズミ 厳冬期に繁殖 春先個体数増』(生物学科 ムラノ千恵 研究機関研究員ら研究グループ)
2022.03.01  トピックス
東進TVで農学生命科学部紹介動画が公開されました
2022.02.18  ニュース
【東奥日報 令和4年2月8日(火)掲載記事】『カメムシ求愛あの手この手 ダンス下手で振られる雄も』(生物学科 山尾僚准教授ら研究グループ)

もっと見る

ページの先頭へ戻る